Blackjack Counting

ブラックジャックの必勝法!カウンティングの方法を簡単に説明!

ブラックジャックにはカウンティングという必勝法がある! カウンティングとは、具体的にはどういう戦術なのかをザックリとご紹介します。 カウンティングは場に出ていったカードを記憶し、まだ出ていないカードを予想するという戦術です。 すでに出たカードを覚えておけば、これから出て来るカードは当然、予想することが可能になります。 しかし、全てのカードを記憶しておくことは困難なため、勝率を意識したルールと、簡易的な計算によって管理していく方法が古くから開発されてきました。 それが、ブラックジャックにおけるカウンティングなのです。 ・カウンティングの理論 ブラックジャックにおける絵札は、基本的に「10」と数えられます。 つまり、14種類のトランプのカードにおいて、「10」のカードは、10、J、Q、Kの4つになります。 ブラックジャックでは、そもそも「10」が出る確率が最も高いのです。 そのために、手札の合計が「11」である場合において、まだ場に出ていない「10」のカードが多いと分かっていた場合には、次に自分が引くカードが「10」になり、最高の数字である「21」を作れる確率も高いことが分かります。 あるいは、自分の合計が「15~17」といったように高い場合においては、「10」を引く確率が高い状況では、次のカードを引くことは「21」を超える可能性も高くなり、かなり不利だと判断出来るわけです。 まだ場に出ていない「10」の数を把握することが出来れば、有利な状況ではヒットやダブルダウンを選び、不利な状況ではムリせず対戦相手のバーストを待つという判断を選べます。 カウンティングをし続けながらブラックジャックをプレイしていけば、確率の上で有利な状態で常に戦えることができるわけです。 つまり、カウンティングは「10」と数えられるカードの枚数を予想していく戦術になります。 ・カウンティングの具体的なやり方 「10」のカードが「まだ場に出ていなければ」、ブラックジャックにおいてはプレイヤーは自分の勝率が高いのか低いのかを把握することが可能となり、有利になるのです。 逆に言えば、「10」のカードたちが「すでに場に出ていれば」、プレイヤーに判断材料が減ってしまい不利になります。 そのため、カウンティングでは、「10」のカードが場に出れば、「-1」として数え、7、8、9のカードは「±0」と数えます。 それより少ない数字が場に出ていれば、「+1」と数えて、全てのプレイヤーとディーラーが場に出したカードの和を逐一計算していきます。 一回のゲームが終われば、それぞれの手札は公開されるので、そのときに全てのカードの数字をカウントしていきましょう。 カウントしていった数字がトータルでプラスになっていれば、プレイヤーは「10」が出る確率が高いということを把握できます。 自分が次に引くカードが「10」になる確率は高いのだと考えつつ、勝ち負けの予想をしながら、チャンスでは確実に攻めていけばいいのです。 逆にマイナスになっていれば、次に引くカードが予想しにくいという意味で、不利な状況ですから、様子見をしながら消極的にプレーしておくべきになります。 何度もゲームが行われていけば、まだ場に出ていないカードの枚数も減っていき、カウンティングの精度も高まっていきますので、ゲームが繰り返される程、カウンティングを行っているプレイヤーには、より確率的に有利な判断を選べる状況が続くことになります。

Blackjack

簡単! 誰にでも分かるブラックジャックのルールと遊び方!

ブラックジャックのゲームの目的 ブラックジャックのゲームの目的について少しお話してみようと思います。ブラックジャックの目的は、“ディーラーを倒す”ことです。ポーカーのように、プレーヤー対プレーヤーというゲームではなく、プレーヤーがディーラーと勝負をするというゲームになります。ブラックジャックは、複数プレイも可能なゲームです。1対1の時はもちろん、複数のプレーヤーが参戦していたとしても、それぞれのプレーヤーが個別でディーラーと勝負をするというゲームになります。 どうやってディーラーと勝負をするの? ディーラーから配られるカードのことを“ハンド”と言いますが、ディーラーを倒すためには、ハンドの合計を21を超えないように、ディーラーのハンドよりも21に近い数字にすることです。ただし、ハンドの合計が22以上になってしまうと、バーストとなり、その時点で自動的に負けが確定してしまいます。これは、ディーラーにも同じことが言えます!ディーラーが22を超えてしまった場合、その場に参加した全プレーヤーが自動的に勝利となります。 ☆ブラックジャックのポイント☆1:配られるカード=ハンド でディーラーと勝負をする!2:ディーラーを倒すには、ハンドの合計を21を超えない範囲で、尚且つディーラーのハンドよりも21に近づけること!3:ハンドの合計が22以上になってしまうとバーストとなり負けが確定する!4:ディーラーがバーストになった場合は、参加したプレーヤー全員が勝利となる! ハンドを21に近づけるのかということももちろん重要ですが、どうやってディーラーをバーストさせるのかということも、このブラックジャックの大きなポイントとなっています ブラックジャックのカードの数え方 次に、ブラックジャックのカードの数え方について解説してみます。 上記のカードは、『A』から『K』までの13枚のカードです。ブラックジャックでは、2~10までのカードはそのままの数としてカウントします。フェイスカードと呼ばれる11-13のカードは、10としてカウントします。『A』はブラックジャックの中で特別な数字となり、ハンドの状況によって1とカウントすることも出来れば11とカウントすることも出来ます。 ☆ブラックジャックのカードを数える時のポイント☆ ・2~10はそのままの数字として数える!・J、Q、Kは10として数える!・Aのみ特別で、1か11として数えることが出来る! 例)2枚のカードが『8』と『A』であった場合、9または19としてカウントすることが出来ます。このように『A』が入っていて、選択肢のあるハンドのことをブラックジャックでは、ソフトハンドと呼びます!逆に2枚のカードが『8』と『9』である場合、一つしか選択肢がないハンドとなります。このようなハンドのことはハードハンドと呼びます。 ディーラーは基本的にはハンドシグナルを使ってゲームを進行していく! ブラックジャックでは、ゲーム中のディーラーとのやり取りに関して、言葉ではなく、ハンドシグナルという手を使うことが原則となっています。これは、何かゲーム中に問題が起こった時に、ハンドシグナルを証拠とする為です。ブラックジャックにおける基本的な2つの選択は、カードを追加するかしないかということです。カードを追加することをヒット、カードを追加しないことをステイと言います。 ☆ブラックジャックの基本選択☆HIT(ヒット)=カードを追加することSTAY(ステイ)=カードを追加しないこと ブラックジャックの基本的なゲーム流れ 先ずは、ディーラーからプレーヤー、ディーラー自身にも2枚ずつのカードが配られます。具体的なケースを見て説明してみます。 プレーヤーのカードは2枚とも表向きなのに対して、ディーラーのカードは一枚が隠れた状態になっています。表向きになっているカードのことはアップカード、裏向きになっているカードのことはホールカードと呼びます。ブラックジャックでは、プレーヤーが先行となるので、上の図のケースの場合、3+5=8となり、もう1枚カードを引いても何もリスクがないので、ヒットを選択します! プレーヤーがヒットをして、『A』が出てました!Aは、1とも11ともカウントすることが出来ますので、このケースの場合は11とカウントします。プレーヤーはこの時に3+5+11=19となり、21に近い数字となりました。これ以上カードを追加すると、バーストのリスクが非常に高くなりますので、このままステイを選択します!さて、プレーヤーが全てを決定したら、次はディーラーの番です。 ディーラーの隠れていたカードが表向きになりました。この時のディーラーの数は6+10=16となります。ディーラーは16以下の場合、無条件でヒットするというルールになっている為、必ずヒットするという行動を起こすことになります。 ディーラーがヒットをしました。出たカードはAです。この場合、Aは1としてカウントしますので、ディーラーの数字は6+10+Aとなり、17が最終的な数字となりました。ディーラーは17以上になると無条件でステイするというルールになっています!なので、この勝負は、プレーヤー19対ディーラー17となり、21に近い数字を出したプレーヤーの勝利となりました。 ☆ディーラーの行動パターン☆・ディーラーは16以下の場合必ずヒットする・ディーラーは17以上の時、必ずステイする いかがでしたでしょうか?今回は、実戦方式でブラックジャックの遊び方を分かりやすく解説してみました。ディーラーには決まった行動パターンがあります。この行動パターンを先読みして、戦略を考えていくなんてことも出来るのもブラックジャックの醍醐味ですね!是非、これからブラックジャックで遊んでみようかなと思っている方は参考にしてみて下さいね。最後まで読んで頂き、有難うございました。