sicbo

オンラインカジノなどで用いられるシックボーとは?

シックボーのルールとは?

シックボーのゲームのルールは1~3個のサイコロの出目を予想するといういたってシンプルなものとなっています。

ゲームで使用するサイコロは初めから密封された容器の中に入っているので、重りの付いたサイコロを使うなどの不正が出来ないようになっています。

また、容器自体も賭けが成立するまでの間、カバーで覆われていますので、カバーが外れるまでは誰も分からないので、限りなくフェアなゲームとなっています。

・サイコロを使う

・出目を予想する

・容器内でサイコロをシャッフルする

という時代劇などで一度は目にしたことのあるようなギャンブルとなりますので、すぐに遊んでみることができるのではないでしょうか。

複雑なルールなどがなく、非常にシンプルなギャンブルとなりますので、初心者の方にもオススメできるゲームとなっています。

オンラインカジノ(ライブカジノ)でのシックボーのゲームの流れとは

①プレイヤーがテーブルの上の任意の箇所にチップをベットする

②ベットが完了したら【ロール】をクリック

③既定の制限時間が経過したら、ディーラーがサイコロをシャッフル!

④出目に応じた配当がプレイヤーに支払われる

以上がオンラインカジノ(ライブカジノ)における基本的なジャックボーのゲームの流れになります。

ゲームの流れは【丁半】とほとんど変わりません。

丁半はその名の通り、丁(偶数)なのか半(奇数)を当てるゲームなのに対し、ジャックボーは、

・数字の大小を当てる

・3つのサイコロの出目の合計を当てる

・3つのサイコロのうち1つの出目を当てる

・3つのサイコロのうち2つの出目を当てる

・ゾロ目を当てる

というように丁半に比べて勝ちパターンが多く存在していますので、サイコロを使ったゲームといえば、ジャックボーなのではないでしょうか。

ルールやゲームの流れも非常にシンプルになっていますので、オススメできるオンラインカジノとなります!

気になる勝利時の配当は!?

①数字の大小を当てる

出目の合計が10以下なら「小」、11以上なら「大」となり、当たった場合の配当は1倍です。

しかし、出目が1-1-1や2-2-2などのゾロ目になった場合は、別途ゾロ目に賭ける役が存在するので、大小に賭けていた状態でゾロ目が出た場合は負けになってしまいます。

②3つのサイコロの出目の合計を当てる(トータルベット)

3つのサイコロで構成される出目の合計は理論上3~18の範囲内になりますが、トータルベットの当たりとなる合計値の範囲は4~17になります。

配当は9や10のようにいくつもパターンがあるような合計値は配当が低く、4や17のように1つしか合計値になる出目がないようなものは配当が高く設定されており、6~60倍となっています。

③サイコロの出目を当てる(ナンバーヘッド)

出目の合計が

・1つ当たれば1倍

・2つ当たれば2倍

・3つ当たれば(ゾロ目)3倍

の配当となります。

④サイコロの出目を2つ当てる

出目を2つ当てる役が2種類ありますので、ご紹介いたします。

・ダブルベット

1-1、2-2などの2つがゾロ目になることに対して賭けるもので、配当は10倍となっています。

・ペアベット

2個とも違う出目の組み合わせを予想するものとなり、配当は5倍

⑤ゾロ目を当てる

こちらも2種類のタイプがありますので、ご紹介いたします。

・トリプルベット

ゾロ目となる数字を指定して賭ける役で、的中した場合の配当は180倍とジャックボーの中では最大の倍率となっています!

・エニートリプル

数字を限定せず、ゾロ目が出ることに対して賭ける方法で、トリプルベットよりも配当は少なくなりますが、30倍と高配当となります。

まとめ

ジャックボーは誰でも遊びやすいシンプルさがアジアを中心に絶大な人気を誇っています。

ゲームの内容も3つのサイコロの出目の合計値や組み合わせを予想し、当たれば配当がもらえるという非常にシンプルで分かりやすいのではないでしょうか。

何度かプレイしているだけで、自然とゲームの流れや遊び方なども覚えてしまうことができますので、カジノに慣れていない初心者には最適なゲームといっても過言ではありません。

配当も最大180倍と決して低くなく、夢のあるカジノゲームなのではないでしょうか。

シンプルで分かりやすいジャックボーをまだ遊んだことの無い方は、是非一度、オンラインカジノなどでプレイしてみてはいかがでしょうか!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *